茨城県水戸市F邸『雑木林を借景』

お客様とのご縁

 2014年 作庭のF邸。F様との出会いは、2012年。作庭志稲田が初めて手掛けた店舗の庭『 紅葉:くれは 』へF様が訪れたことがきっけけでした。庭に興味を抱いて下さり、共通の知人でした私共のお客様A様とS様が、私どもを紹介してくださいました。この『 紅葉:くれは 』は独立間もない頃の作庭で、30代前半の代表が情熱を注いだ庭です。こうして、お声をかけいただけると、その情熱がお客様の心に届いたのではないかと大変嬉しく思います。実はこのA様とB様も『 紅葉:くれは 』を見て声をかけていただきました。
 水戸市から明和町とおよそ2時間弱の距離です。そんな遠方の私どもに依頼して下さったことは大変ありがたく嬉しいことでした。F邸が完成した際には、お披露目会が開かれ A様とS様が水戸市のF邸まで伺ったそうです。「よくできてたわよ。お庭を見ながらおいしいお酒をいただいて来たわ。」とS様。

施主様のご要望

・生垣をなくしてほしい
・伐採、移植など、今までの庭から雰囲気を変えたい
・前庭は建物の雰囲気に合うようにしてほしい
・デザインはおまかせ

before after

家で過ごされることが増えたご家族がゆっくり寛げるような雰囲気づくりを提案。
主庭は落ち着きのある寛ぎの空間。前庭は草花を楽しめて、活動的に過ごせる空間に仕上げました。

主庭 施工前;写真奥の生垣を撤去

主庭 施工後:格子塀で奥を透かして見せる

前庭 施工前

前庭 施工後

作庭内容

・生垣撤去・伐採し格子塀へ
・主庭南側の林を借景に取込んだ作庭
・既存のデッキを加工して庭(植栽等)として利用できる敷地を確保
・思い出のある樹木や庭石など活かせるものはデザインに取り入れる

最後に

 初訪問の際はF様が設計に携わったというご自宅が大変印象的で、鉄製のポストや門扉に目を奪われました。今回このポストにインスピレーションを受け庭のイメージづくりが始まりました。また、当社の作庭施工例の中にある岩舟の石積みに興味をもっていただいたこともあり、この石積みを主庭のメインに持ってきました。主庭の方は近隣で唯一残存する雑木林が借景になっており、これを生かした雑木の庭を作庭。私たちもこういった森林の中に家を構えたいという夢があったので、F邸の立地を羨ましく思ったことを覚えております。 しかし、叶わなかった夢を庭づくりという形で実現させてもらったように感じております。作庭後も毎年庭園管理のご依頼をいただき本当にありがとうございます。今後もF様と一緒に庭の成長を楽しみながら管理させていただきます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。