日本造園アカデミー会議議長賞 受賞

こんにちは。 mamiです。

しばらくぶりの投稿になります。

昨夜は  FMクマガヤ で作庭志稲田株式会社を紹介していただきました!

紹介していただけることはもちろんですが、

初めてのコーナーの初回に当社を選んでくれたことを代表はとても喜んでいました。

20時から始まった番組を家族で聞きました。

紹介して下さったのは 株式会社スプラウト 代表取締役の細田浩世さん(ファイナンシャルプランナー)
その優しい声を聴きながら照れている代表。その横で同じように照れながらも嬉しそうな笑顔を見せた長男。ラジオで父親が紹介されるって不思議な感覚だったと思います。昨年はテレビでも紹介していただき、こうしてメディアで紹介される父親を誇らしく思ってくれたなら母親としてとても幸せです。父親の背中が大きく見え、その背中を追う。そんな私の夢が垣間見えた気がしました。細田さんを始め番組関係者の皆様、当社のためにお時間いただきましたこと心より感謝申し上げます。

全国軽トラガーデンコンテスト 一般投票『 第1位 』

さて、話を戻しまして^^

去る10月12日(土)・13日(日) に宮城県仙台市内で開催された、軽トラガーデンコンテストの全国大会に出場してまいりました。今回 「 地元地域の特性を活かした庭 」というテーマのもと、北は青森、南は沖縄から各地域の熱い仲間が集結しました。どの作品も力作で見応えありました。現地に行っていない私ですが、一般社団法人日本造園組合連合会 青年部のfacebookにワクワクするような作品が紹介されています! 是非そちらもご覧ください!!

 結果は

  仙台市長賞一社)日本造園連組合連合会理事長賞に次ぐ

  『 日本造園アカデミー会議議長賞 』 を受賞しました。

タイトル『 秋の暁

 

初日は大雨で・・・

水中に光を仕込み暁を表現しました

作品コンセプト

「 我が家のすぐそばを流れる利根川。私どもは、この川の恩恵を受けて暮らしております。水と庭と家、ここに差し込む暁に始まる日々。豊かさを感じ、感謝の心が生まれる場所。そんな空間を皆様にお届けにあがりました。」

 

私たちがなぜここに参加するのか・・・  その理由がこの写真にあります。

 

 軽トラガーデン ・・・
 
このコンテストを主催する一般社団法人日本造園組合連合会が庭の魅力を伝えるために始めたものです。
私たち庭師は自然の豊かさを人の心の豊かさへと繋ぐ職人です。一人一人の心が豊かになれば、社会は変わる。そんな使命をもって取り組む姿がここにあります。まず、作品に・庭に興味を持ってもらい、作り手の思いを伝える。自然の豊かさを表現し、感じてもらう。そのために本気で作庭しています!

 

 

 
~ Thanks for the blessings of nature ~

「天地(あめつち)の恵みと多くに人々の働きに感謝して命のもとを慎んでいただきます」合唱。

我が家ではこうして食事をいただきます。

私共は食だけでなく、その恵みに職をいただいています。

自然の恵みに感謝し、これからもその恵みの表現者として意志をもってこの職に徹します。

 そんな私どもの思いが届いたのでしょうか? 

会場で行われた一般投票で『第1位』をいただくことができました。

応援して下さいました皆様 本当にありがとうございました。

このような本気の場を与えてくださいました、一般社団法人日本造園組合連合会をはじめ

関係各所の皆様に心より感謝申し上げます。